バックアップに最適なクラウドデータベースのAWS

企業で使用しているデータは、もしものときに備えて常にバックアップしておく必要があります。



バックアップにはハードディスクや光学メディアなどが一般的に用いられますが、データが多くなるほどメディアを保管する場所が必要になる他、新しいデータが発生するたびに記録する手間もかかるなど面倒なものです。



こうした作業を人が行う場合、書き込みの際に上書きしてしまったり紛失などのリスクも考えられます。



これらの面倒な作業を容易にしてくれるのが、クラウドデータベースのAWSです。


これはAmazonが提供しているサービスで、従来のバックアップがローカルで保存されるのと異なり、ネット上に設けられたデータベースに自動で記録されるのが大きな特徴です。
事前に設定しておくことで、保存すべきデータが発生した時には自動でクラウドデータベースに保存されます。


AWSのこうした機能により、保存のし忘れをなくし手間を省くことができます。

保存には利用者が何か意識することもないので、業務が増えることもありません。



AWSはクラウドデータベースであるため、自社内にバックアップデータの保管庫を用意する必要がない点もメリットです。
メディアを買い揃える経費を削減できる他、社内の有効利用にもつながります。

ネット上に保存するというとデータが消失しないか不安に思うかもしれませんが、この点についてもきちんと考慮されているため自社内で保存するより高い安定性が期待できます。



バックアップに関わる煩雑な作業に悩まされているなら、ぜひ活用したいサービスと言えます。



関連リンク

  • AWSのクラウドデータベースでは、色々なものを使うことができます。Linuxサーバで運用している人なら、MySQLを使っていることが多いのではないでしょうか。...

  • 企業で使用しているデータは、もしものときに備えて常にバックアップしておく必要があります。バックアップにはハードディスクや光学メディアなどが一般的に用いられますが、データが多くなるほどメディアを保管する場所が必要になる他、新しいデータが発生するたびに記録する手間もかかるなど面倒なものです。...