AWSのクラウドデータベースで使えるもの

AWSのクラウドデータベースでは、色々なものを使うことができます。



Linuxサーバで運用している人なら、MySQLを使っていることが多いのではないでしょうか。
他にも、OracleやMicrosoft SQL Server、PostgreSQLなど、リレーショナルベースとして用いられているものは多くありますが、AWSではこれらを利用することができます。そのメリットはというと、シームレスに利用できることが挙げられます。

既存のデータベースとして用いているものをそのまま利用できますから、コードをそのまま再利用することができますし、ツールもそのまま使うことができます。



ただ単にサーバーの場所が変わったと言うだけで、そのまま使うことができるというメリットは大きいと言えるでしょう。



AWSのクラウドデータベースではレプリケーションを簡単に利用できます。

そのため、信頼性は高くなると言えるでしょう。



障害が発生したときであっても、レプリケートされたデータベースから麩食うすることができるなどのメリットもあります。クラウドデータベースを利用するためには料金を支払わなければなりませんが、AWSでは完全従量制としてサービスが提供されています。

ですから、初期投資をする必要はありません。



使うリソースが少ないときには、料金も少なくて済みますから、データベースの管理費用を固定費から変動費とすることができるというメリットがあるのです。



関連リンク

  • 企業で使用しているデータは、もしものときに備えて常にバックアップしておく必要があります。バックアップにはハードディスクや光学メディアなどが一般的に用いられますが、データが多くなるほどメディアを保管する場所が必要になる他、新しいデータが発生するたびに記録する手間もかかるなど面倒なものです。...

  • 今日日ではインターネットアクセスを必要とする場合に、必ずと言って良いほど話題に上るのがセキュリティー対策でしょう。一般的なクラウドコンピューティングのサービスを利用する場合にはコスト的な問題から専用線を選択するのは困難であるケースが多いと予想される為、事実上インターネットアクセスは避けられません。...