AWSのクラウドデータベースの使いいやすさ

AWSのクラウドデータベースは、使いやすさの点で優れていると言えるでしょう。


計画を立ててから実際に配備を行うまでにある程度の作業をしなければなりませんが、既存のデータベースを用いることもできますから、新たに作るよりも手間は省けるでしょう。



AWSのクラウドデータベースでは、コンソール画面を用いて操作することもできますし、APIもシンプルですから使いやすいと考えられます。


配備するときだけではなくて、管理もやりやすいというメリットがあります。



AWSクラウドデータベースでは、バックアップ処理やレプリケーションなどの管理タスクを簡単に行うことができます。



クラウドを利用するメリットとしては、スケーラブルであることも挙げられます。データベースサーバを設置するだけなら、それほど面倒なことはないでしょう。

しかしながら、データサイズが大きくなってきたときには規模を拡大していかなければなりません。



オンプレミスで運用しているときには、この作業は非常に面倒なことだと言えるでしょう。

AWSのクラウドデータベースを利用すれば、データベースのサイズを変更するのは容易です。

ストレージのサイズは3TBまで増やすことができますし、リードレプリカを関連することによって、インスタンスの容量を超えて拡大することもできます。



これが簡単にできますから、成長中の企業など、データベースの拡張が必要な場合にはAWSのクラウドデータベースは適しています。



関連リンク

  • 今日日ではインターネットアクセスを必要とする場合に、必ずと言って良いほど話題に上るのがセキュリティー対策でしょう。一般的なクラウドコンピューティングのサービスを利用する場合にはコスト的な問題から専用線を選択するのは困難であるケースが多いと予想される為、事実上インターネットアクセスは避けられません。...

  • 企業で使用しているデータは、もしものときに備えて常にバックアップしておく必要があります。バックアップにはハードディスクや光学メディアなどが一般的に用いられますが、データが多くなるほどメディアを保管する場所が必要になる他、新しいデータが発生するたびに記録する手間もかかるなど面倒なものです。...