AWSのクラウドデータベースを脅威から守るには

今日日ではインターネットアクセスを必要とする場合に、必ずと言って良いほど話題に上るのがセキュリティー対策でしょう。



一般的なクラウドコンピューティングのサービスを利用する場合にはコスト的な問題から専用線を選択するのは困難であるケースが多いと予想される為、事実上インターネットアクセスは避けられません。
これはAWSで使用されるクラウドデータベースも、例外ではありません。



そこで世界レベルでも高いセキュリティ対策を講じる為に、AWS上で動作しているクラウドデータベースにも次の様な対策を適用しているのです。



まず一つ目としては必要最低限のアクセスのみを許可する様に設定しているばかりでは無く、IDとパスワードと言った認証方法に加え、認証コードを付加している多要素認証を付加しています。



二つ目は最先端のコンピューターによる監視システムの導入で、例えば当該の企業が発売している監視ソリューションが該当するかも知れません。

この製品はAWSのクラウドデータベースというサービス・急激なトラフィック増加に耐え得る柔軟性と堅牢性を併せ持つサービスの、オペレーティング・システムの外部情報が監視対象とされています。



そして、障害通知は当該企業の販売するSNS機能でスマートフォン等にも、通知する事が可能になるのです。

三つ目は、365日24時間体制でセキュリティのスペシャリストが監視をしているので、インターネット側からの攻撃や不法侵入等にも速やかに対応出来ます。



関連リンク

  • 企業で使用しているデータは、もしものときに備えて常にバックアップしておく必要があります。バックアップにはハードディスクや光学メディアなどが一般的に用いられますが、データが多くなるほどメディアを保管する場所が必要になる他、新しいデータが発生するたびに記録する手間もかかるなど面倒なものです。...

  • AWSのクラウドデータベースでは、色々なものを使うことができます。Linuxサーバで運用している人なら、MySQLを使っていることが多いのではないでしょうか。...